ラ・トゥール千代田

ラ・トゥール千代田
ラ・トゥール千代田

千代田区は1947年に神田区と麹町区が合併して誕生しました。江戸城の別名、千代田城が名前の由来です。千代田区は高齢者を見守るサービス等の行政独自の取組みも充実しています。そして祭りや行事も季節ごとに頻繁に企画されます。特に祇園祭や天神祭と共に日本三大祭りとされる神田祭は江戸時代に徳川家康の庇護の下、社殿や神輿が寄進され、以後盛大にとり行われ、今では一大イベントとなっています。その他にも古本まつりやさくらまつり等が行われ、訪れる人も大勢います。

この様な千代田区を住環境として考えた場合、交通の便や治安の良さといった基本的な条件はクリアしていますし、飽きのこない事から、長く住むには好立地と言えます。例えばラ・トゥール千代田は地上32階、地下2階の高層タワーマンションで眺望に優れています。防犯カメラ等のセキュリティーも万全で、災害用備蓄品も完備しています。フロントは24時間対応です。4駅8路線利用可能なのはとても便利です。ラ・トゥール千代田は快適な生活空間を見事に演出したマンションと言えます。

▽お役立ち情報
ラトゥールシリーズ一覧

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ