空室問題を抱えている場合には、居抜きも一つの選択肢

photo credit: Shawn Harquail ST l LE via photopin (license)

・居抜き物件とは何?

居抜き物件とは、前テナントによって行われた内装や造作、設備などがそのままにしたままの状態になっている物件のことです。居抜きは閉店する人にとっても、新しく出店する人にとっても、そしてそのビルのオーナーにとっても利点がある賃貸契約形態といわれています。
居抜きにすると、とてもシンプルな手直しを行うだけで開店することができますので、新しい店主にとっても改装工事などの費用を安く抑えることができるというメリットがあります。例えば、飲食店の場合には、食器類などがそのまま使える場合もあるといわれています。
しかし、必ずしも店舗看板を付け替えるだけですぐに営業ができるような状態になっている場合だけでもないといわれており、厨房設備や内装が一部だけ残されたままの状態になっているものも居抜きと表示されることもあるといわれていますので、この点は確認が必要といえます。
しかし、居抜き物件の基本は、事前にビルなどのオーナーの了承を得た上で、前の借り主が退出を前に次の借り手を探すということになります。次のテナントが同業種なら、解体の無駄を省くことができ、既にある設備や施設などを有効活用することができるのです。

・居抜きの利点について

居抜きをする場合には、前のテナントと新しいテナント、そして物件のオーナーの3者それぞれに利点があります。
まず、前テナントにとっては引き渡し直前まで営業ができることや解体費用を抑えることができること、造作譲渡による収入が得られる場合もあるということが挙げられます。すぐに次のテナントが入居することになっているので、解約予告期間や解体工事期間の賃料の負担がないという場合もあり、大きな利点があるといえます。
新しく入居するテナントにとってはまず、出店にかかるコストを抑えることができるというよさがあります。また、出店後のランニングコストも抑えることができるといえます。そのことによって損益分岐点が下がって、黒字に転換する時期も早まるという場合もあります。
また、ビルのオーナーにとっては、すぐに次の入居者が見つかるので空室期間もなくなったりすることで、賃料収入が安定確保でいるという点が大きな利点です。

・居抜き物件を探す時には

新しいテナントのとっては、初期費用を抑えるという点でメリットが大きな居抜きですが、居抜きをする場合には事前に検討することとして、出店コストだけで居抜き物件を選ぶのではなくて、あらかじめ商圏の特性やその商圏にいるお客様のニーズをしっかりと調べることが大切だといえます。せっかく、リーズナブルに物件を引き継いだとしても、前テナントが営業不振で閉店をしたということなら、同じ業態で営業するということはリスクがあるということになるかもしれません。
また、引き継いだ設備や内装が目的に合っていなかったり、イメージと合わなかったりすることもありますので、この点はよく考えておくことが必要といえます。
居抜き物件は不動産業者の中でも専門性の高い部分なので、居抜き物件を探す際は専門の業者に問い合わせをすることをおすすめします。
東京都内・埼玉・神奈川を中心に扱う居抜き専門サイト:居抜き物件サーチ

・ビルオーナーにとって、居抜きは空室問題の解消につながる

店舗などの通常の賃貸借契約では、テナントが退出する場合には内装などを解体するなどの原状回復工事が必要となります。このような、スケルトン状態に原状回復した明け渡しは、借りる方にとっては、設備や内装費用の負担が大きくなって、なかなか契約に至らないといった状況もあるのです。
そこで、スケルトン状態に戻す前に居抜き物件を扱う業者に一度ご連絡することで、店舗を確認した上で、居抜き物件を探しているお客様とマッチングを図ってもらうことができ、できるだけ条件にあったお客様を紹介してもらうことができます。そのことで空室の軽減が可能になり、空室問題の解消につながります。空室問題などがあるビルを抱えている場合、居抜きを考えるのも一つといえます。

・居抜きのまま造作を売却するには

やはり専門業者に依頼するのがベターです。居抜き物件はニーズに対して供給が少ない市場です。また供給といっても店舗を閉店する場合などが多いため、このようなデリケートかつクローズな情報に対しては、インターネットなどでオープンにはなかなかなりにくいのです。そのためまずは、たくさんの借り手を抱える専門業者に依頼をして、自分の店舗の造作が売却できるか相談をしてみるのがよいでしょう。
居抜きの売却はこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ