タワーマンションの賃貸とは

新規の市場に進出する場合、目に見えない広告宣伝費というものがあります。
それは、営業先で名刺交換をした際に如実に効果があらわれます。その地域で誰もが知っているオフィスビルに構えることで、相手に安心感を与えるのです。広告宣伝媒体を利用するよりも、毎月の固定費でありながら、企業イメージをアップさせることができます。あのオフィスビルに入居しているのであれば、というイメージは絶大なものに変化します。
これは個人でも同じです。
どこに居住しているかによって、グレードアップすることができます。個人のポリシーを言葉を用いずにアピールできるのです。
さらに、タワーマンションであれば、その地域のシンボル的な存在です。誰もが高級賃貸であると認識しています。

タワーマンションの利便性とは何かと考えるとき、それは交通機関の利便性です。
多忙な日々において、時間ほど貴重な原資はありません。移動手段が豊富であること、スムースな移動が可能であること。
また逆に、来訪者からしてもアプローチがしやすいことが重要です。
それでいて、日常のセキュリティが強固で、リスクに対応できることは当然です。

高級賃貸といわれるタワーマンションに居住するメリットは他にもあります。
そこで日常の生活をすることは当然のことながら、オフィス機能を充実させることが可能だからです。
立地において移動手段が豊富であることは当然の条件ですが、さらに、通信手段が安定していることも重要です。
これはオフィス環境を維持するにあたり、必須条件です。
その点、最新の通信環境に優れたタワーマンションに問題はありません。
移動でも、固定でも、居住とビジネスの両者を満足させることができる空間がタワーマンションです。

プラティーヌ西新宿

オフィスと住居が複合されたプラティーヌ西新宿

もう一つ大切なのが、ビジネス空間として利用するときの発想を得る場であることです。
日常的な空間からからは、もう一つの新しい発想は生まれません。
マーケットを眺めおろしながら、大きな視点から物事を俯瞰できることは大切な要素です。
確かに、高層ビルにはレストランやバーはあります。
しかし、そこはあくまでもパブリックエリアです。
そうではなく、プライベートの空間から思考回路をセッティングできることが大切なのです。
リラックスした、プライベートからビジネス展開を思考することほど、得難い時間です。
そんな空間を得ることができる。それが高級賃貸のタワーマンションです。
日常の中に非日常を組み込むことで、得られる発想は、ここしかありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ